ADHD ASD アスペルガー コミュニケーション スモールステップ ヘンテコ メリット わがまま 内的バランス 出来ない 刺激 困りごと 奇異行動 子育て 得意事 性格 特性 発達障害 自閉症 褒める 認知 誤学習 運動刺激

運動が上手な発達障害児D君のトラブル

投稿日:

発達障害児に運動が得意な子なんかいるの?という位運動が苦手な発達障害児はたくさんいますよね。

協調運動に課題を持っていたりで・・・。

でもたまに居るんです。運動機能の優れた子。(ちなみにグレーの子の中にはもっといます)

で、彼らが楽にやれているか?というとそうでもない。やはり辛そうな場面が多々あります。

いじけたり、手を出して叱られてしまったり・・・。

運動が上手なD君の特徴を見てみましょう。

  • 身体は良く動く
  • 目的が他のお子さんと違う
  • 独り言中に点を取られ責められる

サッカーで例えていきましょう。

・身体は良く動く 身体は確かに動いています。とてもスムーズにダイナミックに素晴らしいシュートでゴールを決めることもあります。しかし、空振りもあり無駄な動きが多い状態。マリオネットみたいに見える時があります。でも、よくいるグニャグニャタイプではありません。力の抜き方、入れ方は分かっているお子さんです。これは日頃のストレスの発散と過多になったエネルギーの溢れです。

・目的が他のお子さんと違う ボールを思いっきり蹴ることのみに執着して、その一瞬の運動刺激を得たいと望んでいます。他のお子さんがチームで点を取りに行くことを考えている時に、全く別方向にボールを蹴り上げたりするのです。これを何回か続けると、チームメートの不満は爆発します。注意されてなじられ、反論して怒鳴られます。そこからD君は崩れていき、ゲームから離れてしまうのです。

・独り言中に点を取られ責められる 言語のアウトプットが不規則に出現し続けるため、チームメートは疲れて苛ついてきます。同じことを何回も叫んだり、独りで笑って楽しんでしまいます。始終しゃべり続けているためゴールキーパーなどを行っている際の失点率が高く、チームメートの不満が充満している状態です。自分では何故そうなってしまうのかが分からず困った感じが続きます。

今の状態では言語の指導、注意も全く耳に入りません。

改善方法:ではどうすればD君が楽しく楽に過ごせるのでしょうか?

1・身体は良く動く 子供さんが動かしたいと思われる箇所を集中的にトレーニングしましょう。運動刺激が足りないためバランスを欠いています。筋肉、股関節、手のひら、足の裏、皮膚などに刺激、振動を強めに入れていきます。今回のサッカーであればキック、パンチなどキックボクシング、空手的な動きも良いでしょう。インパクトのタイミングを考えさせていくことも上達を考える上で必要になると思います。

2・目的が他のお子さんと違う ボールを思い切り蹴ることでストレスを発散しているD君ですが、の動かしたい箇所を集中的にトレーニングすることでエネルギーの減衰があります。行いたい運動をを飽和状態になるまで行うことで落ち着きを得られます。落ち着いたら今度は効率の良い活躍方法を学んで貰う下地作りに取り掛かることが出来るでしょう。ゲームを何のために行っているか理解することが出来ると良いですね。上手くいけばチームメートへのパス出しや、パスの貰い方を学ぶことが可能になるかもしれません。

3・独り言中に点を取られ責められる 言語のアウトプットが不規則に出現し続けることが問題になっていますので、の運動に加え腹斜筋、腹横筋等の体幹運動、丹田を意識して横腹を使い息を吐くなどの運動を行います。腹横筋、腹直筋、背筋で内臓を強めに包み込む運動は言葉をのみ込めますし、息を噴き上げる運動はストレス軽減に役に立ちます。呼吸力を高め、力を入れるタイミングを場に合わせられるように身体を調整します。独りで話をしてしまうため不注意により行動がワンテンポ遅れています。一瞬で下腹部に力を溜め次の行動に移れるよう準備します。関節直近の筋肉に負荷をかけ、意識を身体に向けさせることも有効だと思われます。内的バランスが整えば問題が改善する可能性が高まりそうです。

ちなみにD君の場合は本来一人で取り組む運動の方が成果を出しやすいはず。サッカー、野球などの団体スポーツより水泳や陸上、筋トレなどの個人競技のほうが向いていると考えます。このタイプのお子さんは可能ならば最初から最小限のコミュニケーションで行える運動を選ぶと良いでしょう。

全てが運動で改善される訳ではありませんが、奇異行動から生まれるトラブルを減らしていくことで本人、周りのお子さんのストレスが減少すれば軋轢も徐々に無くなっていくでしょう。

体内で適切な双方向の信号、エネルギーが流れていれば、不規則な動きは減るはずです。子供さんが何を求めているか理解できるのは親御さん、よく見てくれる支援者しかいません。子供さんを注意深く観察していきましょう!

人間脳の根っこを育てる

-ADHD, ASD, アスペルガー, コミュニケーション, スモールステップ, ヘンテコ, メリット, わがまま, 内的バランス, 出来ない, 刺激, 困りごと, 奇異行動, 子育て, 得意事, 性格, 特性, 発達障害, 自閉症, 褒める, 認知, 誤学習, 運動刺激

error: Content is protected !!

Copyright© ワインディングロードでも良いんじゃない? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.