ADHD ASD IQ アスペルガー コミュニケーション スモールステップ デメリット バイアス ヘンテコ メリット わがまま 不安 内的バランス 出来ない 刺激 奇異行動 子育て 子育て領域 感覚過敏 特性 療育 発達障害 自閉度 自閉症 褒める 認知 誤学習 運動刺激

発達障害児教育に必要なものは何ですか?

投稿日:

発達障害児教育に必要なものは何ですか?

 

 

発達障害界隈年表を荒く作るとこんな感じ?w

  1. よく分からん期
  2. 全員焦り期
  3. 何となく分かった期
  4. 成長するぞ期

 

  1. だいたい発達障害って何なの?の前駆期です
  2. 全員で焦り、いったいどう対処して育てれば良いの?こんな感じでした
  3. マニュアル本、業者が出揃い玉石混交に! 
  4. いろいろ淘汰される。成長する前提のプログラムが主流に!

 

1.2の時期は一部のお医者さんだけが知っているような感覚を関係者全員が共有していたんだと思います。でも実は・・・(笑)

発達障害は良くならないし成長もしない前提で関係者は話をしていました。かじ取りは低成長を軸に行われ、発達障害は伸びないんだから諦めろ的諦念に支配されていたのです。正に暗黒期。スターウォーズで言えばダースベーダーとシスの時代の様です。巨悪はいないのかもしれませんが暗い気分に押しつぶされていた時代です。構造化と言い、部屋から全ての器具を取り払えば障害が解決するかのような誤解が蔓延していきました(汗)。

少し経つと何やら雰囲気が変化してきます。それまではお医者さん、勉強にて専門性を持った学者タイプの方が専門性を有していました。しかし、ここで全く見方の違う叩き上げの軍団が登場します。発達障害の困り感を生の声で発信する当事者軍団です。リアルな声は拍手を持って迎えられました。スターウォーズでの立ち位置は反乱軍のハンソロ辺りでしょうか?

療育の教室は爆発的に増加。対処療法の時代です。いろんな意味でクローンが増加!

時代は更に進み、発達障害はかなり改善するのではないか?(控え目)の仮説の元で動き始めています。以前とは前提が完全に引っくり返っていますので革命的変化です。大事なトレンド転換なので2回書きます。以前とは前提が完全に引っくり返っていますので革命的変化です。にもかかわらず静かに進行しています。進行するのはニーズがあるからに他なりません。SSTをやるにもそのままじゃ出来ないでしょ!と身体アプローチを掲げ、神経の発達を考える花風社浅見淳子氏、栗本啓司氏は急先鋒でしょう。ルークスカイウォーカーのライトセーバーの様に内側からダークスターを斬撃し始めています。ダークスターは斬られたことにも気付いていませんが・・・(笑)。

 

発達障害児教育に必要なものって時期によって違う形で求められていましたよね。何にでもトレンドがあるんですね。でも本当に必要なものは徹頭徹尾変わらずあるものです。ぶれない姿勢が求められるのはどこでも同じ。

それではそれを踏まえて何を選んでいくか、決めてまいりましょう!

どの武器を手に取るかは自由なのです。

ミレニアムファルコンに乗り込み!

さあ、無限の彼方へ!  (あれ?違映画)

人間脳の根っこを育てる

-ADHD, ASD, IQ, アスペルガー, コミュニケーション, スモールステップ, デメリット, バイアス, ヘンテコ, メリット, わがまま, 不安, 内的バランス, 出来ない, 刺激, 奇異行動, 子育て, 子育て領域, 感覚過敏, 特性, 療育, 発達障害, 自閉度, 自閉症, 褒める, 認知, 誤学習, 運動刺激
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© ワインディングロードでも良いんじゃない? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.